<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
<< 前期について思う所 | main | あー >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ガンガンについて思う所
ついでにガンガンのレビューもしてしまいましょう。

一位 ヴァンパイア十字界(最終回)
いやまぁ、ある程度予想していたけど中々感動的なラスト。ジャンプみたいな半端な終わり方では無く、伏線も全部回収して正に完全燃焼。素晴らしかった。

今回の絵を見て思ったが、初期の頃の絵に比べて絵から醸し出させる雰囲気が全然違う。「最後にストラウスが死ぬとき」の表情なんて非常に良かった。だけどアクションのシーンは相変わらず下手で、昔よりマシという程度。
原作付きでもどっちでもいいけど、木村有里の新作に期待。

真のヒロインはブリジット嬢、ではなくステラ、でもなくなずなさんでFA。

最終巻が出て私の受験が終わったら、いつか一巻ずつレビューしていきたいと思います。

二位 スパイラルアライヴ
ガンガン本誌で連載が再開してから、やっとスパイラル本編で活躍していたブレードチルドレン立ち位置もしっかりしてきて、そろそろ本格的に話が動き始める気配がしてきた。今後の展開が楽しみ。

私は気がついた。本編と呼ばれている「スパイラル〜推理の絆〜」は全てアライヴの為の伏線だったんだよ!
まぁ、そう言いたくなるくらい面白い、今の所はですがね。
だけど詰まらなくなるような雰囲気無いし、絵も今のガンガン連載陣の中じゃ多分トップ。水野英多も初期に比べたら随分と上手くなったなぁ…、としみじみ思う。
城平京も十字界にアライヴと凄いなぁ…
でもね、一巻が出た時点で今の展開になるような事は城平京も絶対に考えて居なかったと思う。

まぁ、私がいいたいのはアライヴは素晴らしいという事。

スパイラル・アライヴ 2 (2)
スパイラル・アライヴ 2 (2)
城平 京



三位 女王騎士物語
ダークギアにくっつかれた公子とエルト達が戦い始める。

黒い吹き出しが多くてとにかく読みにくかった。
今回これを三位にしたのは、単にリューファイナルのおっちゃんが死んでも豪快だったから。




っていうかこんな事してるから受験二週目に突入するのだと思った。
| モノゴトについて思う所 | 01:27 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| - | 01:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://den-no-jiru.jugem.jp/trackback/256
トラックバック
【ヴァンパイア十字界】について
ヴァンパイア十字界『ヴァンパイア十字界』(ヴァンパイアじゅうじかい)は、作:城平京、画:木村有里による漫画作品。「月刊少年ガンガン」(スクウェア・エニックス)にて連載中。.wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Artic
| ハリーポッターなんでも | 2007/03/02 7:30 AM |