<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
SEARCH THIS SITE.
PROFILE
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
LINKS
OTHERS
<< 面白い | main | バイト >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
体のいいパシリ
剣道部に入部してから早一ヶ月、その短い期間の間に私は体のいいパシリになったようです。

本日午前九時五十分。突然のモーニングコール。
最初、「誰だ?こんな時間に?」と思いながら携帯を開くと、剣道部の先輩。
出ない訳にもいかないので、寝ぼけた様子をあまり見せない様に
「もしもし」と電話にでる。
「あぁ、○○。お前明日暇?」
「へ?」
一瞬で明日の予定を考える。ゴールデンウィーク最後の日。もちろん予定なんてない。
「暇ですけど……」
「よかった。じゃあ、明日俺の代わりにバイトしてみない?」
………なんですと?
今までバイトなど一度もした事がない私は「え、いや、はい?」等と訳の分からない返事をした。
「大丈夫大丈夫。子供の相手をするだけの簡単な仕事だから」
こ、こどもの相手……だと?
脳裏に浮かぶビジョン

私「はーい、syawお兄さんだよー」
餓鬼共「なんだこいつー。へんなやつだー」
プツーン
私「俺だって好きでやってんじゃねぇんだよー!おめぇら調子に乗るんじゃねぇ!」

………無理だ。絶対に無理だ。
だが、先輩がいうには子供たちが遊ぶドームの入り口で金を受け取ったりするだけらしい。
そんくらいなら…と思って、というか断り難くて引き受けてしまった。
どうしよう。

っていうか新一年生は八人、男だけでも三人は居るのに、なんで私をピンポイントで狙ってきたんだ?
| モノゴトについて思う所 | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:27 | - | - |
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://den-no-jiru.jugem.jp/trackback/460
トラックバック